大阪あすとろぐらふぃ〜迷人会のらくがき帳2

よく見たら背景がGですよ





楽しいナローで入選♪

こんにちは。

全国的に長雨が続くお盆休みで、各地の被害に心痛めつつ、
昨晩は、万が一に備え、土のう袋を買ったなかなかいいです。
この度の長雨で、北九州~中部地方にわたって自然災害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。
明日以降の雨により更なる災害が発生しないことを祈るばかりです。

さて、報告がとっても遅くなってしまいましたが、星ナビ9月号に掲載頂けました。

【ブログ用】月夜の網状星雲0

ハッブルカラーに家族が憧れ、「是非とも撮影してみて!」と背中を押してもらって
モノクロカメラの世界に手を出すことになりました。
1月にモノクロカメラを手に入れ、その際注文したフィルターですが、
コロナの影響により入荷が4月末になってしまって、なんかモノクロカメラのワクワクも冷めてしまってましたが、
実際に撮影を始めてみると、おぉ~~~!!って感じでテンション上がってしまいました。
っで、喜び勇んで、投稿させて頂いたら、選んでいただけました。
星ナビ選者の皆さま、拾ってくださり、ありがとうございました。

【ブログ用】月夜の網状星雲
【撮影データ】
日時:2021.5.31 1:17~
鏡筒:E-130D
赤道儀:Vixen SXP NINA PHD2
ガイドカメラ:ZWO ASI120mm
カメラ:ZWO ASI294mm pro Gain120 Offset 30  -10℃
フィルター:クロマ 36mm
Ha:180s*10 1Bin , O3:180s*10 1Bin , S2:180s*10 1Bin
SAO + AOO 40% 合成 総露出90分
撮影地:奈良県山添村神野山


先週土曜日は、曇り予報でしたが、当日の夜になってみると、
あれ?晴れてるんじゃ?!ってことで、
神野山のライブカメラを見たら、やっぱ晴れてる!
ということで、慌てて準備して、撮影行ってきたわけです(^^ゞ
到着して見た空は素晴らしい星空!
急いで、赤道儀を据えて、さぁ極軸合わせ!と思って空を見たら、「星がない!」というアルアル・・・
今日は元々曇り予報だったし、このまま終了か…と凹んでいたら、30分ほどしたら晴れ間が戻ってきて、無事撮影できました。
同じナローですが、網状星雲とはひと味違う雰囲気に仕上がりました。

【ブログ用】okaperi
【撮影データ】
日時:2021.8.7 23:34~
鏡筒:E-130D
赤道儀:Vixen SXP NINA PHD2
ガイドカメラ:ZWO ASI120mm
カメラ:ZWO ASI294mm pro Gain120 Offset 30  -10℃
フィルター:クロマ 36mm Ha:180s*21 1Bin , O3:180s*20 1Bin , S2:180s*20 1Bin
NINA AutoFocus 使用 SAO + AOO50% 合成 総露出183分
撮影地:奈良県山添村神野山

また、ナロー撮影していきたいと思いますmm
  1. 2021/08/15(日) 19:45:00|
  2. 天体写真 メンバーズ
  3. | コメント:4

ナローで網状星雲♪

こんばんは、なかなかいいです。
しばらくブログをアップしないうちに、
なんとなく億劫になってしまって、さらにアップしないままになってしまいました。

モノクロカメラとフィルターが手に入りまして、ナローを撮影してきました。

月夜でも撮影できるナロー・・・かなり普及しているので、珍しくもなんともないですが、
ナローもなかなか奥が深くておもしろいなという感じです。

またいろいろ撮影していきたいと思います(^^♪


ブログ用SAOAOO40

【撮影データ】
日時:2021.7.21 23:09~
鏡筒:Redcat51 D51mm f250mm
赤道儀:Vixen SP-DX synscan換装 NINA PHD2
ガイドカメラ:ZWO ASI120mm
カメラ:ZWO ASI294mm pro Gain120 Offset 30  -10℃
フィルター:クロマ 36mm 
Ha:180s*15 1Bin , O3:180s*13 1Bin , S2:180s*15 1Bin
SAO + AOO 40% 合成 総露出129分

ちなみに、迷人会の中にナローポチリヌス菌感染者が出そうです(笑)


  1. 2021/07/24(土) 22:05:14|
  2. 天体写真 メンバーズ
  3. | コメント:11

プレセぺの降る空 第二章 第六話 老星立つ

第六話 老星立つ


「う~寒い!」

 

開けた車窓から入ってきた空気を感じて彼女は叫ぶ。

 

「お盆になると急に寒くなりますよね。」

 

彼女はそう言って窓を閉めた。

案外関西圏の人なので知らないか・・・

ここ北部九州は思いのほか寒い。かつての旅行会社のキャンペーンなどで流された映像・・そうヤシの木が海辺に並ぶあの光景は宮崎のものだ。ここ福岡では冬ともなれば水も氷れば雪も降る。

 

お盆と土日が重なったこともあり、僕は美宙ちゃんを連れて伯母のところへ向かっている。伯母の住まいは里山に囲まれた開けた盆地にある。ゆえに他よりも冷え込むことが多く、年末のころには周囲の山は雪景色になるのだ。

伯母の住まいの駐車場に車を入れると、庭の長椅子に腰を下ろしている伯母の姿が見えた。真っ先に彼女は車から降り、伯母に挨拶をした。

 

「師匠!こんばんは。」

「久しぶりやんね。」

「元気そうやん。」

「はい!師匠もおかわりなく・・」

 

「どうしたん?今日何かあるん?」

 

車から降り、天頂の天の川を仰ぎ見る伯母に声をかける。

 

「今日あたり何か起きそうな気がするけん。」

「何か?」

「そう。。。」

 

「たまに伯母さん予言じみたこと言うけん。」

「巫女やけん。」

「魔女の間違い。」

 

伯母は空を見たまま笑う。美宙ちゃんは納得顔でそれを聞いていた。

 

「焼酎持ってきたけん、飲むやろ?」

「私今日泊っていくから飲む飲む!」

「伯母さんは?俺ハイボールにするけど・・」

 

伯母はこっちを向き

 

「焼酎ハイボールは好かんけん、お湯割り。」

「あれ?そうだっけ・・・」

「昔、さっぱりしとるって喜んで飲んどったハイボールがウイスキーじゃなくて、酎ハイだったのを三ヵ月も後で気付いてショック受けたけん好まん!」

 

俺も美宙ちゃんも大笑いした。そう言う伯母の拗ねた子供みたいな話し方が面白かったからだ。

 

熱いお湯割りの焼酎を飲む伯母に近況報告をする。母や父の様子、天文台の事・・・

 

「オヤジが禿げて、母さんが茶化すから面白くってね。」

「禿げは悪くない。潔くてよい。」

 

伯母は笑う。美宙ちゃんも卒業後どうするか、まだ決めかねている様子だった。こっちに残るのか、大阪に帰るのか。それは俺にも少し気になるとこではある。

 

遠くで盆踊りの音頭が聞こえる、足元では名残の歌を虫たちが歌っている。

あくまでも空は晴れ渡り、粛々と天の大河は流れるのだった。

と、天の川を仰いでいた伯母が呟く。

 

「来た。」

 

即、見上げた天の川に緑の光を鮮烈に放ちながら長い尾を引く流星が横切った。

 

「うわ~!飛んだぁ~」

 

とっさに美宙ちゃんが歓声を上げる。

伯母が小さな声で、

 

「やっと来た。」

「ずいぶん待たせるもんやから、間に合わんかと思いましたよ。」

 

「あの星が今日起こる何かです?」

 

美宙ちゃんが尋ねる。

 

「また一つ、大きな星が帰ってくる。」

 

伯母はつぶやき笑みを浮かべて焼酎を口に運んだ。

 

 

 

 

「そうかぁ・・ここがヘリポートなんですね。」

 

DragondemandさんことR氏がヘリポートに直に座って初めて発した言葉がそれだった。

野鳥の撮影に訪れ情報を仕入れに立ち寄った役場に僕は努めている。

何かの縁で一日ご一緒する中で、氏が迷人会のメンバーなのだと直感し、その想像はご多分に漏れず当たっていたのだった。そこで夜ヘリポートにご案内する約束をした。

まだ少し明るい空を眺め星を見つめる氏の表情や声は感動や感激とは全く違った。どちらかというと寂しい老人のつぶやきに似ている気がする。

 

「そう言えば、到着したとき何組か同業者がいたね。」

「ええ、道のほうですね。昔はあの林道は行き止まりで夜は車もなかったんですが・・・」

「今は?」

「山の下の町まで開通しているので、たまに通ります。」

「知らないといけないから、後でこっちに移動するよう話してきます。」

「そうだね。機材展開してからだと大変だから。」

 

そう言って氏はまた空に目を向けた。

 

同業者は2組居た。

一組は単独で星景の撮影。もう一方はかなり年配の方と息子さんだろう。息子さんは赤道儀の三脚を出しているところだった。

 

「こんばんは。」

「朝までされますか?ここ道が開通してしまってるんで夜たまに車来るんです。良かったらヘリポートに移動されてはいかがですか?」

「えっ!ここ開通してるの?長い事来てないから知らんかった。ありがとうそうするよ。」

 

答えたのは老人のほうだった。息子さんの年齢から想像すればかなりの年配だろう。ただ豊かな白髪をたなびかせ、均整の取れた顔立ちのせいか想像する年齢よりはしっかりして見えた。

 

「こっちに移動されるようです。」

 

話の結果をR氏に報告していると、さっそく親子連れのほうが移動をしてきた。

 

「お言葉に甘えて横いいですかね?」

「ええどうぞ。」

 

今度は息子さんが話してきた。

ビクセンの古いR200SSという反射望遠鏡だとR氏が教えてくれた。たぶんお父さんのものだったのだろうと想像した。

お父さんの方は、小さなトランクケースを地面に置いて蓋を開ける。

ヒョイ!って感じで黒い機材を持ち上げた。片手で持っているところをみると、どうやらポタ赤のようだが見たこともない機材だ。三脚に固定しているそれを見ながらR氏が声をかける。

 

「古い赤道儀ですか?初めて見る気がしますが・・・」

「ああ、1990年頃の機材でね、ビクセンのSPってやつですよ。」

「ああ、SPですか。でも黒いですね。」

「これ、塗ってあるんですよ。」

「前のオーナーがね。」

 

なるほど、たしかSPなら緑色のはずだ。ただ色が違うだけで何かわからなくなるほど印象が変わって見えるものなんだと、僕はそこに妙に感心したりした。

そんな僕の反応に関心が無いように氏の目線はその機材に向いている。懐かしいのだろうか、珍しいのだろうか。その黒にシルバーのラインのようなステッカーが貼られた赤道儀に氏の目はくぎ付けとなり、よくみると視線は黒い赤道儀とそれを組み立てる老人の顔とを何度も往復している。

 

ほら来た・・・

また例の「歯車か。」もう何も驚かない。美宙さんが言っていた「目に見えない大きな歯車」の中に僕はいる。美宙さんが星を観上げ始めた時、それは動き出したのだ。

黙って僕は老人の近くでその準備を眺めた。

シルバーラインに見えたのはやっぱりステッカーだった。何か文字が書いてある。僕は顔を近づけ赤道儀を見るふりをしてこの文字を読んだ。それはブロック体ではなく流れるような装飾筆記体で書かれていた。

そして僕は震えた。感動とかじゃない、恐怖でもない。そう「奇跡」を目の当たりにした人間の素直な感情だろう。そこには

KOTAROU」と書かれてあった。R氏が口を開く。

 

「どちらから来られたんですが?」

「大阪です。まあ大阪って言っても岸和田なんで近いんですよ。そちらは?」

「千葉・・・です。」

 

途端に老人の手が止まり顔を上げ目を細めてR氏を見つめた。

さきに口を開いたのはR氏だ。

 

「み・みっさん?」

「ドラちゃんか?」

「うわ~」

「うわ~」

 

なんか、手がちぎれるような握手を交わして、何とも言えない表情で喜び合う老人二人。そう始まったのだ。。。「奇跡が。」

 

「なんで?」

「梅田で飲もうと思って。」

「そら40年前の話やな。」

「ほんとは奥山の鳥を撮りに来たんですよ。」

「俺もほんま久しぶりでな、息子が連れて行ってくれる言うから・・」

 

そしてR氏は僕をみて、

 

「彼、迷人会らしいですよ。」

「虎太郎君というらしいです。」

 

みっさんと呼ばれる老人は僕のほうを向いた。

 

「そうか。君がそうか。にどすけから聞いてるよ。」

「知り合ってすぐ翌朝には連絡もらったからね。」

「ザリガニ君にスカウトされたらしいやん。」

 

「そうなんだ?」

 

R氏も初耳だから僕に聞き返してくる。

 

「ええ。ザリガニさんに・・」

「それはそれは・・・」

 

R氏は初めて大笑いをした。

 

そこで初めてこの人が迷人会創設時のメンバーで、かつ美宙さんのお爺さんの中学生からの友人だと教えられた。

そこからの2人はもう写真なんか撮らず、ずっとずっと話込んでいる。

シルエットで浮かび上がった赤道儀は人の姿にも見え、遠目では三人で話しているように見えた。僕は対象導入後撮影をスタートさせて、少しだけ息子さんとも話をした。

大学の時に一緒にやるようになり、最近はお父さんも歳だから近場が多いと。今日は夏だし、蚊もいないから久しぶりに行くか?って出かけてきたとの事だった。

しかしよりによって今日とは・・・僕は美宙さんの言う奇跡を信じることにした。

 

「でなあ、もう30cmとかNJPとか無理やし。」

「骨折りますよね。」

「そうそう!で、最近はこればっかりよ。」

 

なんか、めっちゃ話が盛り上がってる。。。

僕は二人の横に座った。

 

「で、息子さんからこれを譲り受けたのよ。」

SPの黒のポータブルって聞いたときは息が止まるかと。」

「なんか、あの白いのもお孫さんのとこで生き返ったらしいなぁ。」

「今、まだ九州ですよ。45EDもそこにあったらしいです。」

 

僕が彼女の近況について話す。

 

「九州って事はあの人のとこか。」

「ですね。45EDと一緒に生き返らせたって事か。」

「また、あのキャラが1人増えるって言う。」

「それは。。。」

「おい。雄大よ、お前まけるぞ。」

「負けるってなにが?おじさんの孫に?」

「そうよ。鬼姫の弟子やからな。変な写真出したらツッコミ食らうぞ。」

 

2人はまた大笑いした。

僕は素直な疑問を口にした。

 

「いくら仲間の機材とはいえ覚えてるもんですね。」

「そら、これ見よがしに名前が書いてある。」

「ああ、そう言えば美宙さんのGPにも書いてました。」

「たぶん、10台以上存在するんやないかな。」

「そんなに?」

「迷人会メンバー以外のも触ってたからな。」

 

そう言って相好を崩した老人はかつての盟友に目線を動かし、

 

「ここだけの話しな、あいつあの白いのなんであんな精度出たか実はわからん言っとたんやで。」

「当たり前のパーツで、当たり前に組み直しただけやって言ってたな。」

「まあ、それ以外の何かがあれにはあるんやろうな。」

「つまりいじる前からある種特別だったって事ですかね?」

「そうやろうな。」

「まあ、俺から言わせればあいつらしいわ。」

 

そう話して老人は横の機材に視線を向ける。

 

「もうこの歳になると、別に怖いもんもなぁ~ンもないけどな。」

「ただ、こいつのこの馬が走ってるようなモーター音、一人で夜聞いてると寂しくはなるな・・・」

「ですね。」

 

R氏は深く頷いて濃く光を放ち始めた天の大河を見上げてため息をひとつ虚空に吐いた。

 

遠く九州の空でも、三つのまなざしが同じ大河を見上げていた。

 

 

 

続く         

  1. 2021/05/04(火) 16:11:28|
  2. プレセぺの降る第二章
  3. | コメント:1

さそり座のカラフルタウン

今週末は新月期ということで土曜日に期待していましたが、
一日ずれて日曜日が快晴予報ということで・・・
私は出撃できずに、ブログを書いています。

が、実は先日、一足先に撮影に行ってきました。

「誰が撮ったんや?!」
「あんたレス~」

と一度は言ってみたかった“なかなかいい”です。
みなさん、こんばんは。

 

アンタレス付近(ブログ用2)

 

【撮影データ】
撮影日時:2021311142分~
撮影場所:奈良県五條市大塔
赤道儀:Vixen SXP + SB TEN
鏡筒:ε-130D タカハシ f=430mm F3.3
ガイド: M-GEN Autoguider(ディザリング)
カメラ:Canon EOS 6D(HKIR)
露光条件:露出 90s 101 , ISO4000 , RAW 総露出時間 15130
画像処理:ステライメージ, Photoshop

 

平日の夜というのに、迷人会メンバーが7人も出撃されました。
総勢11名の星人の大塔でした。
コロナ禍ですので、お祭りのようにワイワイガヤガヤとはいかず、
みんな離れて距離取って撮像してました。

 

なかには車の中に避難して、薄明まで避難のまま…。
結果、森を撮影されていたとか…

 

私は、先月に続き、夜半過ぎからは一対象をじっくり撮影しまして、
結局、1時半過ぎから5時過ぎまで約3時間半撮影してました。
しかし、撮影データを集計してみると、2時間半程度の総露光時間となっていまして、

190秒での撮影のためインターバルの無駄な時間がめちゃくちゃ多かったようです。

このあたり、しっかり撮影計画を立てて一番効率の良い設定をする必要がありそうです。

 

これまで何度か撮影したことあるアンタレス付近ですが、
ひと様に見てもらえるところまで画像処理できたのは実は初めてなんです。
何度お蔵入りさせたことかと思うとホントもったいないことをしておりました。

 

迷人会ケンタローちゃんねる310.3MHzの初心者向け天体画像処理講座がありますので、
これから始められる方はきっとやりやすいですね(*^^*)

 


 

僕も見せてもらって、新たな発見をして学ばせていただいています(≧▽≦)

少しでもためになった人はチャンネル登録お願いします~~~(^^

  1. 2021/03/14(日) 22:57:00|
  2. 天体写真 メンバーズ
  3. | コメント:1

再処理してみた青いIC4592

みんさん、こんばんは。

前回アップした画像ですが、まだまだ手を加えるところもたくさんあるだろうと

再チャレンジしました。

 

青い部分と分子雲と星々のバランスが本当に難しい対象ですよね。

 

こんなに苦労するとは・・・といった感じです。

休みの日に半日、この青ばかりを見て処理してましたら、
こんな青い馬、見たことない!!と将軍様から。
久しぶりの愛の〇〇を頂戴いたしました(^^♪

ただ…指摘されてもしばらく自分では判断がつかない…ほどに、
ゲシュタルト崩壊していた我が眼。

 

同じ対象で恐縮ですが、再度アップさせて頂きます(^^

一応、前回アップ分よりは質は向上しているはずなんです・・・


20210220青い馬3-3(再アップブログ用)

  1. 2021/02/24(水) 23:42:22|
  2. 天体写真 メンバーズ
  3. | コメント:2
次のページ

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

Author:大阪あすとろぐらふぃ~迷人会
天体写真撮影集団「大阪あすとろぐらふぃ~迷人会」のブログですヽ(´ー`)ノ

星屋カウンター

天体写真 ブログ村

よろしければぽち、お願いします<(_ _)>にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

ドラゴンレーダー

爆笑天文ブログ

面白検索サイト

天文リフレクションズ

迷人会工房

お取り扱いはこちらm(__)m

迷人会工房Blog

工房のブログはこちら!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
天体写真 メンバーズ (379)
迷人会工房 (3)
プレセぺの降る第一章 (9)
プレセぺの降る第二章 (6)
月刊 天文オニオンズ (1)
その他 (17)
機材など (7)
ツール お役立ちするかな・・・? (2)
迷人会のらくがき帳 (5)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR